薬剤師転職の流れや結果

久々の面接に緊張した

もちろん自分でも探しましたが、最初はどこが良いか決めかねている状態が少し続きました。
その後も仕事をしていたので、数ある求人の中から自分で探し出すのは難しかったですが、担当の人が新たに出てきた求人もきちんと調べて、希望に合うものや近いものがあったら教えてくれたのでよかったです。
いくつかある候補の中から、ここが良いと思える先を見つけることができたので、とりあえず応募してみたいと伝えたところ、職場見学をさせてもらえることになりました。
給与や仕事内容など、求人には働く上で重要なポイントがたくさん掲載されていますが、職場の人間関係や働きやすさに関してまではわからないし、見学に行けるのはとてもありがたかったです。
見学は少し緊張しましたが、見に行ってみて働きやすそうな雰囲気だなと感じ、ますますここで働きたいと思えたので応募することにしました。
面接の日程調整や条件交渉など、自分では面倒だったりなかなか言い出せないことも代わりに行ってもらうことができたので本当に助かったし、登録してよかったです。

サラリーマンの方は毎月自分の給料分を稼いでいるのかどうかを考えたことありますか?
自分は恥ずかしながら、それを意識したのが、病院薬剤師から薬局薬剤師に転職をした時でした。
新卒から実に5年
これって考えるだけ無駄なことなのかなぁ?🤔

— 薬剤師キクオ💊ブロガー×インスタグラマー✨ (@kikuo1005) August 29, 2020

薬剤師で転職を決意久々の面接に緊張した薬剤師として転職成功しました